地球連邦

成長を続けながら大型のハリケーンがアメリカのテキサス州に向かっているらしい。
ニューオーリンズの様な大被害が出ないように祈るばかりである。出来る事は総てやり万全で自然に挑むしか方法は無い。
何がどうあれ温暖化が原因な事は間違いない。
一刻も早く手を打つべきである事がワシの持論だ。出来る事から個人でも……
日本だってまだまだ台風シーズンだ。想定外の歴史上例の無いような、大型の台風が来たって理論上はおかしくないようだ。アメリカの災害も対岸の火事ではない。
海水の表面温度が高ければ上昇気流がそれに連られて強くなる。当然嵐は大型化する。日本近海の海水表面温度は29℃としっかり高い。何らかの原因で0.5度でも上ろうものならエネルギーは何乗にもパワーアップするらしい。当然、表面温度が高くなればなるほど……である。
裕福に暮らしたい、国際競争に勝ちたい。小さな人のエゴだ。



裕福に暮らしたい、国際競争に勝ちたい。小さな人のエゴだ。
目先の事だけ意識した経済活動のひっぺ返しが始まってきたようだ。有る程度の覚悟は必要かも。まだまだ温暖化は進む。氷河が一気に溶け出し、凍結湖が大濁流となって高山を破壊しつくす。決して映画の世界じゃなくなるだろう。犠牲者も想像を絶するだろう。
南極の氷も溶け出し海面上昇により島だけでなく国も水没していく。
もう間近な世界だ。今世紀で沈むと言われるツバルには救済の手を延ばしているのはニューカレドニアだけだ。近所のオーストラリアも、以前の統治国アメリカも、あの寛大なカナダも手を延ばしていない。京都議定書に難色を示した国々だ。非人道的であり利己主義な国だ。

人の営みが破壊した自然のバランス。戦争の様な直接人が起こすような人的災い。
原油高騰に依るエネルギーの不安定供給と石油製品の先行き不安。
得体の知れない何かが近付いているような気配。
国民が選出したとも言える小泉日本は立ち向かえるのか?
国際協調を基本に世界のリーダーシップは取れるのか?
細かい国際紛争なんてやっている暇はもう無い。
世界中が一つになって挑まなければならない、とてつもなく大きな問題が山積している。
地球連邦を考えなければいけない入り口にもう立っているんじゃないか……
[PR]

by usodaro-no1 | 2005-09-21 22:02 | ダロ~?