可決の後の…

昨日、郵政民営化関連6法案が可決された。
結果は分り切っていたが衆院選前の自民党反対派参議員の今回の決断は有る意味当然でそれなりに理解できる。単純に次回選挙時の怖さに……と考える事も出来るが、衆院選の結果を受けて良識の府の議員として考えれば、賛成票を投じる方が当り前なのではないかと考える。民意を反映した訳だから…(良く理解してあげる)
『意味の無い反対票』は野党に任せておけば良い。
衆院選という回り道に時間と税金が使われた訳だがより良い方向に進むならなんら問題が有る訳ではない。こういう時のために大いに税金は使って欲しい。しかし、まだぐずぐずしている時は次回の参院選でしっかり国民が判断を下すだろう。以前よりずっと厳しい目での判断になる…。
今回の法案決定投票を受けて自民党造反議員の処分が決まるらしいがワシの意見は衆議院は徹底した処分に参議院は有る程度の処分で良いと考える…それは



…何故か?参議院を厳しく処分すると過半数割れする可能性が有るから……その通り!
ワシは所謂無党派層の人間だが参議院なんて不要派だから。

改革の決定スピードが参議院でまた落とされるのはうざったい。参議院が有る以上とりあえず過半数確保してどんどん法案を通過させて頂きたい。
そして落ち着いた時にいらない参議院を廃止に追い込めば良い。言ってみればその期間が執行猶予と言う訳だ。まァ、無駄の有る考え方だがそのくらい参議院はいらないという事を強調したかった訳だ。そうそう、解り易く言えば政治界の高額所得者のオミソって事だな。
小泉が断行した参議院での否決を受け解散できる衆議院解散。→自民党郵政民営化賛成派の歴史的選挙大勝。→法案衆議院可決。→法案参議院可決。
こりゃどう見ても参議院いらんわい。小泉はそれをも国民にアピールしたのか…
相当の国家公務員改革になるぞ!


そんな訳でこれから自民党内部で行われる造反議員の処分にはたいした興味は無い。
どちらかと言うとバラエティー番組を見るような気持ちで有る意味楽しみ。
処分される側は情けないやら悔しいやらカッコ悪いやら…トホホだろうが、大人なんだから自分の身を置くところのルールは甘んじて受けなくてはいけないな。お気の毒様。
それよりも、今は忘れられた(失礼!)綿貫民輔率いる『国民新党』。また、田中康夫率いる『新党日本』。の今後の活動に興味有る。どちらのホームページ見てもいつ更新したんだか…すっかり放置プレイの感さえ漂っている。選挙向けだったのかな…記事に日付が無いので解らんねェ。流石に証拠を残さないって事にかけてはたいしたもんだ。(笑)所属の元議員の今後も含めて興味が有る。役職まで決めておままごとみたい…(またまた失礼!)御活躍を期待します。
まァ、落ちた連中は参議院に立候補してくるだろう事は想像付くがね。同党にずっといるのか?
党は存続可能なのか?野次馬根性で興味津々。(^_^;)ゝポリポリ

落選して自己破産するような奴等はおらんだろうしなァ。

鈴木宗男率いると言っても松山千春の下部団体『新党大地』これはオミソ扱い。
宗男は未だ審議継続中だろ…その成り行きを見守る事だ。だけど、宗男は地域にとっては必要悪な感じもするが裁判の判決待ちと言うことで……
宗男の娘はそのうち国会議員に立候補してくる事だけは誰でも感じたよね。(笑)
改革の本番の入り口が可決された訳だ。
これからの動きが重要。国民にダイレクトに繋がる改革にメスが入る。
しっかり見極めなければいけない。軽い気持ちでTVニュースを見たいもんだ。(^J^)v
[PR]

by usodaro-no1 | 2005-10-15 07:11 | あちゃ~