嗚呼…

全国高校野球選手権大会の真っ盛りである。
ワシは高校時代かなり強い高校の野球部員でレギュラーになれなかったけれどそれなりに苦しみまた楽しんだ。練習中は水飲み禁止、グランド内で歯を見せてはいけない、うさぎ跳びは練習の基本、の時代である。縦関係もそれはそれははっきりしていた。王様と奴隷みたいな感じ…ハハハ( ̄0 ̄)/ オォー!!
当時、夏休み等の学校が休みの日は13時間程度の練習は当り前、雨よ降れと願っていたもんだった。雨の日は体力造りの基礎練習やミーティングで比較的時間は早めに上げてくれた。
年に何日も休みはなかったと思う。凄まじく辛かったけれど色んな事を勉強させてもらった。
相当封建的なところが有るが、一度強いクラブで揉まれる事は人間として必要に思う。
卒業後数十年が経つが、あの頃を引きずって生きている事に間違いない。だけど……



そんなワシだが最近高校野球は殆んど観ない。
予選でもそうなんだが、選手の心理状態が分る気がして、見ているだけで泣けてきちゃう事が多いからだ。こんな気弱なワシじゃ、レギュラーになれるはずないわなァ。(≧▽≦;)アチャー
しかし、勝ち負けは気になりニュースや新聞はじっくり見てる…
我母校は残念ながら最近低迷を続けている。ワシの卒業後は甲子園出場は2回だけである。
すっかり、『古豪』と言われてしまっている。現在は自主的練習の開発と科学的トレーニングの実践に力を入れているらしい。時が経てばこれも定着し強いチームが生まれるだろう事を期待している。

しかし、少しはスパルタ的な激しさと厳しさの伴なう練習をしないと、鬼気迫る迫力有るチームにはできない。全国からうまい選手を引っぱってくる、何処かのプロ球団みたいな真似だけはして欲しくない。まァ、その心配は我母校には無いが。(キッパリ)
兎に角、体格も技術も高レベルになっている現高校球児諸君、大切な感受性の強い若い時を精一杯頑張って欲しい。まい進すれば結果はついて来るもんだ。結果は人それぞれ違うけど。
頑張れ小僧たち。栄冠は君に輝く!
[PR]

by usodaro-no1 | 2005-08-13 19:05 | んじゃ!